筋トレでハゲるは嘘?男性ホルモンと髪の毛・薄毛の関係とは?

世の中には様々な俗説があります。

その中の一つに「筋トレするとハゲる」というモノがあります。

薄毛の対策には、「睡眠」「バランスの良い食事」「運動」が重要と言われているはずなのになぜ「筋トレ薄毛説」が存在するのでしょう。

今回はその理由を紹介します。

筋トレでハゲる?男性ホルモンと薄毛の関係とは?

薄毛の原因は男性ホルモンにあると言われています。

これは実は半分正解で半分嘘です。

なぜ、半分かというと「一部の男性ホルモンが薄毛に関与している」が正解。

男性ホルモンには「テストステロン」と呼ばれるモノがあります。

テストステロンは筋肉を発達、体毛を発生させて男らしい体付きを作ると同時に積極性やポジティブな思考、闘争意思など男らしい行動に関与します。

このテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

このDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛の成長を止め、薄毛の原因になると言われています。

筋トレで男性ホルモンが増大する?

筋トレをすると男性ホルモンが増えると言われています。

男性の体はトレーニングで筋肉が傷つき、回復してさらに強く大きくなろうとします。

その際、男性ホルモンが必要になるのです。

また、トレーニングの負荷はストレスと考えられます。ストレスを受けるとよりポジティブにそれを乗り越えようと男性ホルモンを増やします。

ストレスというと悪いものと思われますが、刺激がなければ人は成長できません。

ドラゴンボールの孫悟空をイメージして貰えればわかりやすいです。

戦ってボコボコにされても、戦わないときでも修行してより強くなろうとしていて常にポジティブ。あのタイプは男性ホルモンが沢山出ているタイプです(笑)

筋トレで男性ホルモンが増えても薄毛にはならない!

筋トレで男性ホルモンが大量に増えたらDHT(ジヒドロテストステロン)が大量に増えて薄毛になってしまうのではないか、と不安になった人も多いかと思います。

大丈夫です。その可能性は低いと言えます。その理由は二つあります。

  1. 男性ホルモンが増えても5αリダクターゼが少なければDHT(ジヒドロテストステロン)は増えない
  2. DHT(ジヒドロテストステロン)が増えても受容体が少ない、感度が低ければ薄毛にならない

※受容体とは細胞にある鍵穴のようなもの。DHT(ジヒドロテストステロン)がうまく鍵穴にはまらなければ影響がでない

 

つまり、今、髪の毛がフサフサの人が薄毛になるとは考えにくいのです。

ただし、既にAGA(男性型脱毛)が進行している人は一時的に影響を受ける可能性を完全否定することはできません。

でも、大丈夫です。それ以上の素晴らしい理由をお伝えします。

筋トレはハゲ・薄毛対策になる!

なんと、筋トレには素晴らしい効果があります。

男性にとってはいい事100%です。筋トレの効果を紹介します。

  1. 血流をよくする
  2. ストレスを発散させる
  3. よく眠れる
  4. 成長ホルモンの分泌が増える

 

このブログを読んでいるアナタは気づくと思います。

これって薄毛対策でよく聞くことじゃないか?

ハイ。そのとおりです。それぞれちょっとずつ解説します。

1.血流をよくする

薄毛対策でもっとも重要な事です。どの育毛剤をつかっても必ず「血流促進」の効果がほぼ100%あります。

血液の流れがスムーズでなければ、髪の毛が成長するのに必要な栄養が十分届きません。また、食べ物やノコギリヤシのサプリメント等に含まれる「5αリダクターゼ」の結合を阻害する効果のある成分も十分に行き渡る事ができません。

血流がよくなることで、髪の毛まで十分な栄養が行き渡り、抜け毛を阻止する成分もしっかり届くようになります。

2.ストレスを発散させる

仕事でクタクタに体力を消耗しているときはダメですが、仕事上での不安や怒りなどネガティブな感情などは、体を動かし汗を流すことでスッキリします。

「男の悩み、9割は筋トレで解決する」という素晴らしい格言をスポーツジムで頂いた事がありますが、結構当たっていると思います。

ストレスを受けると血管が収縮して「血流不足」になりやすいのでストレスを発散させることは薄毛の対策として重要です。

3.よく眠れる

筋トレでストレスを発散させることにより、眠り易くなり、トレーニングの疲労からも自然と眠気が誘発されます。

睡眠を安定させることにより薄毛の対策になります。寝不足はストレスを生みやすくなり、血流を悪化させます。

4.成長ホルモンが増える

主に成長期に体を大きくするホルモンですが、それ以外にも皮膚の細胞をイキイキさせる、傷の回復などにも影響を与えるホルモンです。

細胞がイキイキするということは髪の毛の生産も活発になるということを意味します。お肌もシワやシミが少なく、実年齢より若く見られる傾向があります

まとめ

というわけで今回は「筋トレと男性ホルモンが薄毛の原因になる?」について解説しました。

筋トレは薄毛の原因になる可能性は低いです。

今、薄毛で悩んでいる人は育毛剤を使うと同時に筋トレを始めてみてはいかがでしょう。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

たった3ヶ月で96%の人が実感

いま最もおすすめできる育毛剤!

格闘家 元K-1王者 魔裟斗さんも使用している育毛剤。何度も在庫切れを起こすほどの人気を誇る商品。現在初回限定のお得な割引キャンペーン中!初月からいつでも解約OK!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓